様々な催し物

荒川区は昔ながらの人情のある街で暮らしやすいと言えます。そしてこの地域では冬にも楽しいイベントがたくさん開催されています。まず1月18日には首都大学荒川キャンパス体育館で、東京パラリンピック採用が決まったボールを使ったボッチャ教室が開催されます。初心者にも基礎から教えてくれて実際に競技を楽しむことができます。また1月26日には町屋光明寺で、写経と書初めを組み合わせたみんなでつくる大写経が行われます。大勢で行う写経は独特で非常に盛り上がります。同じく首都大学荒川キャンパスでは1月19日にはパラスポーツのブラインドサッカーの体験教室が行われて、どなたでも参加することができます。この機会にパラスポーツの奥深さを知るのもいいです。そして荒川区立荒川ふるさと文化館では1月19日から2月17日まで道具が語る昭和の暮らし展part2が開催されて昭和の高度成長期の道具を見ることができます。1月26日と27日には区民になじみのある荒川の商品を紹介するイベント荒川ブランドPRが行われます。デモンストレーションや販売もあるので、大勢ででかけて行くのをおすすめします。それから2月23日には首都大学荒川キャンパスで、パラスポーツのひとつであるレクリエーションダンスの体験教室が開かれます。さらに首都大学荒川キャンパスでは、3月30日にはパラスポーツの風船バレーの体験会が開催されます。

新着記事リスト