HOME>県内注目スポット情報>新しい施設にワクワク

気になるリニューアルや新たなお目見え

この半年の間、荒川区に新規オープンした施設でもっとも注目を集めたのが、10月23日から京成線のガード下で始まった工事です。これには多くの人がどんな施設が出来るのだろうと関心を持って見ており、特に町家駅周辺に住む人からの関心が高かったのも当然と言えます。2018年11月9日、このガード下にオープンしたのが、どらっぐぱぱす京成町屋駅前店でした。これで町家駅周辺に住む人はもちろん、駅を利用する人の利便性もぐんとアップしました。さらに、町屋1丁目にある人気のホルモンの店、下町町屋 ホルモン弘が、2018年10月15日にグランドオープンし、ホルモン好きの人たちから多くの注目を集めました。最新設備が整えられた店内は、ハイテクな設備が整っている中にもホルモンの店らしい、下町の風情も感じられるアンバランスなところが魅力となっています。オープン時には胡蝶蘭が贈られ、店内は華やかな雰囲気に包まれていました。最新設備で焼くホルモンの味が気になり、早速行った人も多かったようで、荒川区のグルメサイトでの検索数が大きく伸びていた新規の飲食施設です。2018年10月25日には、セブンイレブン荒川町屋1丁目店がオープンしました。マンションの1階にテナントとして入り、町屋斎場のすぐ近くとあって、マンションの住人はもちろん、斎場利用の人にとってもコンビニの新規オープンは大歓迎です。

新着記事リスト